2013年02月20日

十勝庵「日本一のあまざけ」の太閤水





十勝庵「日本一のあまざけ」は、天下人の豊臣秀吉が一目ぼれした『太閤
水』を使用しています。

農民から天下人になるといった究極の出世を成し遂げた豊臣秀吉が、九
州討伐の際に偶然発見したのが『太閤水』です。

この『太閤水』を、千利休にも送ったという伝承が残っています。

豊臣秀吉が一目ぼれした『太閤水』には、仕込み水には欠かすことがで
きないリンが多く含まれているので、麹の活性化には最適な水なのです。

『太閤水』は、お米の栄養分や甘味を最大限に引き出すことができるの
で十勝庵「日本一のあまざけ」には、もってこいのお水といえるでしょう。

あの豊臣秀吉が一目ぼれした『太閤水』を使用しているということでも、
十勝庵「日本一のあまざけ」に縁起のよさを感じられそうです。

伊佐米から作られた甘酒は【月天】は↑から



posted by 十勝庵「日本一のあまざけ」 at 07:37| 太閤水というのは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。